海へ行ったよ 【四季の森】

12月25日(水)の午前中に、バスに乗って栄松ビーチに出かけました。久しぶりに、にじ色の海こども園のお友だちと再会しましたが、直ぐに打ち解けていました。子どもたちの人とつながる力って凄いですね。貝殻やサンゴを見つけたり、海に向かって小石を投げたり水切りしたりして、のどかな時間を過ごしました。寄せては返す波の音に癒やされ貝殻のお土産を手に帰路に着きました。

大きくなーれ!ソラマメ 【四季の森】

年中児さんが畑にソラマメの種を蒔きました。今までは、年長児さんが畑の作業をしてくれていましたが、次年度の収穫になるので、きりん組さんからくま組さんに「これから、よろしくね。」と引き継ぎました。種まきのタネの「おはぐろ」の部分を斜め下に向けて1人3個ずつ土に押し込みました。これから生長していく様子を観察しながらお世話をしていきます。くま組(4歳児)さんも4月からは年長児さんです。こうやって、年長児さんの役割を担って代々受け継がれていくことは嬉しいことですね。花期は3月~4月で収穫は5月頃になりそうです。

Merry X’mas☆ 【四季の森】

赤く色づいたポインセチアや幻想的に光るイルミネーションが、クリスマスの雰囲気を醸し出してくれています。そこにお手製の帽子を被る子どもたちやクリスマスの製作を飾ると、ランチルームは一気に賑やかな空間になりました。クリスマス会ではハンドベルや絵本の読み聞かせ、歌やダンスと、神聖な雰囲気に包まれていました。すると・・・どこからか鈴の音が。その時の子どもたちの驚きの表情は、まるで魔法にでもかかったかのような、フワフワとした不思議な世界の体験だったのではないでしょうか。優しいサンタさんからのプレゼントに心躍らせていました。ビュッフェランチでは、子どもたちの大好物のメニューとあって、いつもに増して会話も弾みました。おやつで、ケーキもいただきました。

小さなパティシエ 【四季の森】

12月11日(木)に年長児さんが、デコレーションケーキ作りに挑戦しました。まず栄養士の先生から①果物を切る。②生クリームを塗る。③果物を飾る。④いちごのサンタクロースを作る。⑤デコレーションをする。と簡単な工程の説明を聞いた後に約束事をしました。包丁使いに慣れているお友だちは、材料を持つ手が「猫の手」で上手に切ることができていました。生クリームを塗ったり、ホイップを絞ったりする作業は、子どもたちにとって面白くワクワク感が増したようです。ケーキ屋さんのケーキよりも美味しかったとの感想が聞かれ、一人分が大きなケーキでしたがペロリと平らげていました。楽しい食事は「体」だけでなく「心」にも影響を与えてくれることでしょう。

さとねり体験 【四季の森】

平成22年から始まったサトウキビ栽培も、早いもので今年で10年目を迎えました。年長児さんが収穫したサトウキビを年中児さんたちも歯でかじって味わっていました。自然の恵みに感謝ですね。
12月6日(金)には、年長児さんがバスに乗って、風田までさとねり体験に行ってきました。サトウキビの搾汁機にサトウキビを入れる作業をさせて頂いた後、搾られた甘い汁を舐めさせて頂きました。ほんのりした甘みが口いっぱいに広がり、お砂糖になるのだと味覚で想像できたようです。大きな釜での工程や火を焚かれている工場などの見学もしました。育てる楽しみ、収穫する楽しみ、食べる楽しみを食育活動を通して感じてほしいと思います。

きらり輝く★発表会 【四季の森】

12月7日に発表会を開催しました。「一人ひとりが主役」の発表会。そんな気持ちで取り組んできました。楽器の音色を味わったり、音楽に合わせて体を動かしたり、時には友だちと一緒に踊ったりすること、様々な表現をする楽しさを味わうことができたのでしょう。子どもたちは、たくさんの笑顔に溢れ輝いていました。発表会の会場は子どもたちの達成感と観客の皆さまの感動で包まれていました。確実に日々成長していることを実感した瞬間でもありました。たくさんの喜びと感動、そして明日への活力をくれた子どもたちに心から拍手を送りたいと思います。

郵便屋さん、よろしくね【にじ色の海】

年賀状を出しに・・・近くの郵便局に行きました。
「来年もよろしくお願いします」の気持ちを年賀はがきに。
無事届くかなぁ・・・郵便屋さん、お願いします!

2019年も終わります。2020年もたくさんたくさん、笑顔の花が咲きますように✿

大きなケーキにニッコリ!【にじ色の海】

今月のクッキングで5歳児さんは『クリスマスケーキ』を作りました。
グループに分かれて、生クリーム・チョコレート・イチゴのホイップを使ってスポンジに自分たちで塗っていきました。もも、キウイ、バナナ、リンゴのカットフルーツも好きなように挟めたり、上に乗せたりしてとても上手に飾り付けしていました。最後はポッキーやチョコペンで仕上げてカラフルでおいしそうなケーキができあがりました。
その後のお楽しみ!!
サイダーとラムネを使って「シュワシュワフルーツポンチ」を作ってみました。ペットボトルから泡が出てくるのを見て大興奮していた子どもたち♪
みんなおいしそうにペロリと食べて、幸せな時間となりました。

サンタさ~ん、ありがとう!【にじ色の海】

今日は子どもたちがと~っても楽しみにしていたクリスマス会♪
「まだかな~?まだかな~?」と待ちに待っていた子どもたちは、朝からウキウキわくわくで「今日はクリスマス会よね?」「サンタさんくる?いつくる?」とソワソワしていました。
今回は各クラスにサンタさん登場♪まずは、0.1歳児のお部屋に現れると、きょとんとしている子どももいれば涙の子どももいましたが、プレゼントをもらって嬉しそうにしていました。その後は、フルートやピアノ、ギターでクリスマスソングを演奏しクリスマスの雰囲気を楽しんでいました。
続いて2歳児さんのお部屋へ!廊下からひょっこり現れると、「うわ~!サンタさんや~!」と目をキラキラさせていました。一人ずつサンタさんからプレゼントをもらうときには、しっかり握手やタッチをして嬉しそうにしていましたね。
そして・・・その頃2階には、3.4.5歳児さんが集まり、先生たちが『トーンチャイム』という楽器を使って、きよしこの夜やジングルベル、あわてんぼうのサンタクロースの演奏していました。とーっても静かに音色を聞いており「すごーい!!きれいな音やね~!」と感動していた子どもたちでした♪そして、毎年恒例の赤鼻のトナカイのダンスも音楽に合わせて、ノリノリで歌いながら楽しんで踊り、気分も高まったところで鈴の音が・・・!!
屋上からのサンタさん登場!に子どもたちの気分も最高潮になりました。サンタさんにたくさん質問をした後にプレゼントをもらい、抱っこや握手をしてもらって喜んでおり、「サンタさんありがとう~!」とみんなで空を見上げて見送りました。ビュッフェランチでは、子どもたちの大好きなたくさんのご馳走があり、「うわ~!いっぱいある!これ、おかわりするわ~」と目を輝かせて、自分の食べたいものを自分で取り分けておいしそうに食べていました。子どもたちは、いつまでサンタさんを信じてくれるでしょうね?いつまでも子どもたちに夢を与えられるといいな~と思います♬

ひかり輝く★発表会★【にじ色の海】

SONY DSC

年間行事の一大イベント、発表会。
今年も、それぞれの年齢に応じた可愛らしい姿をみることができました。子ども達が普段行っているコーナー保育は、『自己選択・自己決定・自己責任』が遊びの中で自然に身に付き、将来的には、自分の考えをきちんと持ち、それを表現できる大人になってほしいと願ってのものです。それぞれのクラスの先生と子ども達が話し合って決めた曲や衣装は、どれも個性輝くもので、ステージの上での姿はとても立派でしたね。
小さいお友達は、ステージに立っているだけで可愛らしく癒されます。一方、5歳児さんの着物や袴姿はおしとやかであったり、勇ましくあったり・・・成長を感じる一幕でした。劇【さるかに合戦】もお友達と一緒に一つのお話を創りあげ、自信に満ちた表情でした。
私達職員は、準備段階から、子ども達のやる気スイッチを入れようと、一緒に楽しみながら活動を行ってきました。踊りの振り付けや手作り衣装なども、「手足を大きく動かしたり、伸ばしたりするとかっこいいよ」「ここにキラキラを付けたら一層可愛いくなりそう!」と動きなどを伝えながら、「上手だよ~」「ニコニコ笑顔だったね~」などと声を掛け、練習が終わるとギュッと抱きしめている場面もよく見られていたので、子どもたちもやる気や自信につながったのではないかと思います。
発表会当日は、普段の姿そのままをお届けできなかったところもあるかと思いますが、きっと成功、失敗体験、達成感を味わった日々のドラマは今後の成長の糧となることだと思います。発表会は、『子どもの内面から出てくる表現を引き出し、言葉や体を使って自分を表現する楽しさを味わうこと』をねらいとしています。
これからも行事だけにとらわれず、日頃の遊びを大切に考えていきたいと思います。

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC