TV出演!「保育士のお仕事」【にじ色の海】

MRT宮崎放送の『おしえて!みやざき』の番組取材がありました。
「保育士のお仕事」に焦点をあてたコーナーの一部分に、にじ色の海こども園の子ども達が出演。アナウンサーの方と寸劇をしたのですが、自分で「出たい!」と立候補した子達だったので、とても上手に演じることができていました。
また、園の特色でもあるミニ水族館やコーナー遊び等も紹介されました。『海育』と称した活動が広がっていくと嬉しいです。
2020年、2月1日の「おしえて!みやざき」をご覧ください。(mrtホームページ:おしみや動画で配信中)

スケルトン Fish ?【にじ色の海】

先日のマーメイド水族館のタッチプールでの出来事。
お魚の大好きなT君との会話。
「先生~、お魚の骨がある~!!」
「?」
「骨?」
「本当だ!」
「え?食べられた?」
「食べられたのかもね・・・」
「そうなのかなぁ・・・」
ちょっと自然の摂理を知って、ショックでしたが、化石のように、頭からしっぽまで、きれいな形で残っていた骨を見て、お勉強しました。
その後、0歳さんから5歳さんまでみんな見に来て、ビックリな発見でした。
「スケルトンフィッシュ」と名付けましょう。

横浜FC,キャンプイン!【にじ色の海】

4歳児さん。
日南総合運動公園にキャンプインした横浜FC(サッカー)のセレモニーの見学に行きました。
競技場の中に入って、ベンチシートで待機させていただき、遠目ではありましたが、キングカズこと三浦知良選手や中村俊輔選手を見ることができ、興奮気味の子ども達でした。選手のウォーミングアップ中も子どもたちの「ガンバレ~!!」の声援に、選手の方が振り向いて手を振って答えてくれましたよ♪
テレビの向こうの存在の有名選手を間近で見れたことで、サッカーにますます興味を持つ子ガ増えると良いですね。
目指せ!未来のJリーガー!!
(隣の公園で遊んで帰り、ニコニコの子ども達でした)

事件です!~防犯訓練~【にじ色の海】

先月末、警察署の方に協力していただき、本格的な不審者侵入の防犯訓練を行いました。不審者が、「園の子どもに会いに来た」という設定で、職員はそれぞれの位置につき、実際に体験して対応していきました。
不審者と判断してから、実際に110番通報。その間わずか5分足らずでしたが、不審者を園舎に入れまいと奮闘する園長先生と主任保育士。通報から警察到着までの約5分間は、とても長く感じたようです。3歳児は、部屋の隅に逃げた後、2階のお部屋へさらに避難。外の様子がわからない子どもたちは心配そうだったので、2階の窓から園庭の様子を少し見てみました。サイレンが聞こえ、パトカーが到着したのがわかると、ほっと一安心した様子でした。
その後、各お部屋では訓練であることをお話した後、避難の仕方や避難経路、さすまたや催涙スプレーなどの防犯グッズの使い方なごを子ども達と一緒に考えました。
私たち職員も、不審者の判断基準や対応など、細かく教えていただきました。職員間でも共通理解をし、素早く行動・対応ができるようにしていきたいと思います。事件など何も起きない平和な日常が一番ですが、いざという時は体を張って子ども達を守る覚悟です!

おもちで幸せいっぱい(^-^)【にじ色の海】

先日、鏡開きとしてお餅つきを行いました。鏡餅は、毎年、年が明けると家々に『歳神様がやってきて幸せを持ってきてくれる』と言われており、そのため歳神様へのお供え物・依り代になるとして飾られるそうです。お家やおじいちゃんおばあちゃんのお家でも飾られたところも多かったようです。
園では、5歳児さんに、もち米洗いからしてもらいました。洗って…流して…を繰り返し、手際よくできました。
そして、ランチの後に、もち米を機械にいれ、ついていくと徐々にいい香りが♪子どもたちも「いいにおいがする~」とできあがるのをワクワクした様子で見ていました。つき上がったお餅を小さくちぎり、丸めたのですが「熱い!熱い!」と言いながらも、「これ、おばあちゃんちでしたことあるよ~!」などの会話をしながら、上手に手のひらでころころ丸めていました。丸め終わったら、醤油やあんこをつけたり、海苔を巻いたり、きなこをまぶしたり、BBQコンロで焼いたりして食べました。それぞれ好きな味付けをして、おいしそうに味わって食べていましたね。3・4歳児さんもおやつとしていただきました。みんな、たくさん食べてニコニコ笑顔でした。つきたてのお餅はやわらかくて、そのままでもおいしいですが、焼くと、さらに美味しさUP!BBQコンロで焼いてお餅が膨らんでいく様子を見て「うわ~!!」「ぷく~っとしてきたね!」と歓声も上がっていました。
お餅をお腹いっぱい食べて、大満足の子ども達でした。
たくさん幸せくるといいね!

た~こ~た~こ~あ~がれ~!【にじ色の海】

園の近くのハートフルセンターの大きな広場で、たこ揚げ大会(兼3歳児保育参加)を行いました。
前日、台風なみの風が吹いていたので、天候が心配されましたが、当日は、ちょうどよい気候の中、凧揚げをすることができました。
昨年の12月にサンタさんからプレゼントされた”たこ”に、お正月休みの間に、お家で絵をかいて準備してきました。子ども達は、この日を楽しみにしていたようで、持ってきた凧を広げて絵を見せあったり、凧の歌を歌ったりと、わくわくしていたようです。
広場に移動して、たこの歌を歌って、記念撮影をしたら、各自広場に広がり・・・一斉にスタート!
たくさん走って風をうまくつかまえ、空高くきれいに揚がっていました。風がなくなると元気がなくなるたこに翻弄されながらも、「高く!揚げよう」と、親子で広場を駆け回っていました。
 平安時代から続いている凧揚げ。お正月に凧揚げをする理由は「立春の季に空に向くのは養生の一つ」という言葉に由来するという説があります。「暦の上で春が始まる『立春』の季節に、空を見上げるのは健康に良いという意味から、新年の時期に健康を祈る遊びとして定着したそうです。また、願い事を凧に乗せて「天まで届ける」という意味もあったそうです。
空高くあげようと広場をたくさん走る子どもたちの姿は、とても可愛らしく、保護者の方々も子どもに負けじと高くあげて、楽しそうにしている姿が、とてものどかで素敵な光景でした。
みんなの願い事、たこにのって天まで届け~☆

十日えびす祭り【にじ色の海】

【十日えびす】は、毎年1月10日に行われる祭礼です。
七福神の一神である恵比寿さま「漁業神」を参拝するものです。恵比寿さまは、釣り竿と鯛を両手にもってほほえんでいる神様で、遠くの海からやってきて人々を幸せにする神様だと言われています。
今年も、園の近くの外浦漁業でえびす祭りが開催されたので、4・5歳児さんが参加してきました。昨年の印象が残っている子どもたちは、神楽のお面が怖いと言っていましたが、今年は泣く子どももおらず、3人目の神楽の舞まで見ることができました。
地域の行事に参加させていただき、ありがたい時間となりました。

郵便屋さん、よろしくね【にじ色の海】

年賀状を出しに・・・近くの郵便局に行きました。
「来年もよろしくお願いします」の気持ちを年賀はがきに。
無事届くかなぁ・・・郵便屋さん、お願いします!

2019年も終わります。2020年もたくさんたくさん、笑顔の花が咲きますように✿

大きなケーキにニッコリ!【にじ色の海】

今月のクッキングで5歳児さんは『クリスマスケーキ』を作りました。
グループに分かれて、生クリーム・チョコレート・イチゴのホイップを使ってスポンジに自分たちで塗っていきました。もも、キウイ、バナナ、リンゴのカットフルーツも好きなように挟めたり、上に乗せたりしてとても上手に飾り付けしていました。最後はポッキーやチョコペンで仕上げてカラフルでおいしそうなケーキができあがりました。
その後のお楽しみ!!
サイダーとラムネを使って「シュワシュワフルーツポンチ」を作ってみました。ペットボトルから泡が出てくるのを見て大興奮していた子どもたち♪
みんなおいしそうにペロリと食べて、幸せな時間となりました。

サンタさ~ん、ありがとう!【にじ色の海】

今日は子どもたちがと~っても楽しみにしていたクリスマス会♪
「まだかな~?まだかな~?」と待ちに待っていた子どもたちは、朝からウキウキわくわくで「今日はクリスマス会よね?」「サンタさんくる?いつくる?」とソワソワしていました。
今回は各クラスにサンタさん登場♪まずは、0.1歳児のお部屋に現れると、きょとんとしている子どももいれば涙の子どももいましたが、プレゼントをもらって嬉しそうにしていました。その後は、フルートやピアノ、ギターでクリスマスソングを演奏しクリスマスの雰囲気を楽しんでいました。
続いて2歳児さんのお部屋へ!廊下からひょっこり現れると、「うわ~!サンタさんや~!」と目をキラキラさせていました。一人ずつサンタさんからプレゼントをもらうときには、しっかり握手やタッチをして嬉しそうにしていましたね。
そして・・・その頃2階には、3.4.5歳児さんが集まり、先生たちが『トーンチャイム』という楽器を使って、きよしこの夜やジングルベル、あわてんぼうのサンタクロースの演奏していました。とーっても静かに音色を聞いており「すごーい!!きれいな音やね~!」と感動していた子どもたちでした♪そして、毎年恒例の赤鼻のトナカイのダンスも音楽に合わせて、ノリノリで歌いながら楽しんで踊り、気分も高まったところで鈴の音が・・・!!
屋上からのサンタさん登場!に子どもたちの気分も最高潮になりました。サンタさんにたくさん質問をした後にプレゼントをもらい、抱っこや握手をしてもらって喜んでおり、「サンタさんありがとう~!」とみんなで空を見上げて見送りました。ビュッフェランチでは、子どもたちの大好きなたくさんのご馳走があり、「うわ~!いっぱいある!これ、おかわりするわ~」と目を輝かせて、自分の食べたいものを自分で取り分けておいしそうに食べていました。子どもたちは、いつまでサンタさんを信じてくれるでしょうね?いつまでも子どもたちに夢を与えられるといいな~と思います♬