笑顔あふれる発表会☆【にじ色の海】

待ちに待った発表会。子ども達のキラキラ笑顔をたくさん見ることができました★
可愛い衣装を着てダンスをすることを楽しみにしていた子、カッコイイ姿をみんなに見てもらいたくて、何度も決めポーズをする子・・・など、それぞれが自分の持てる表現力を最大限に発揮することができていましたね。見ている観客の方の表情は、幸せあふれるものでした(*^_^*)
発表会は『子どもの内面から出てくる表現を引き出し、言葉や体を使って自分を表現する楽しさを味わうこと』をねらいとしています。職員も子ども達のやる気スイッチを入れようと、一緒に楽しみながら活動を行ってきました。練習しながら「上手だったよ~」「ニコニコ笑顔だったね~」などと声を掛け、練習が終わるとギュッと抱きしめている場面もよく見られていました。子どもたちのやる気や自信につながったのではないかと思います。
発表会当日は、大きな舞台で緊張してしまったり、大勢のお客様にびっくりしてしまったりした子もいたと思いますが、達成感を味わった日々のドラマは今後の成長の糧となることでしょう。

お芋、ほりほり!【にじ色の海】

春にマリン菜園に植えたお芋の苗。
これまで植えた芋の葉の生長をみんなで観察してきたので、お芋掘りの日を楽しみにしていた子どもたち。
先生に掘り方を教えてもらって、「どこにあるかな?」「大きいのが出てくるかな?」「これ(芋のつる)引っ張ったら出てくるかな?」とそれぞれいいながら芋の先が見えると、一生懸命周りを掘っていました。なかなか出てこないものもありましたが、粘り強く掘り続け大きくても小さくても出てくると「やった~!出てきた!みて~♪」と大喜びで見せてくれました。
掘ったお芋h・・・園庭で焼き芋をする予定です。
「これどんな味がするかな?」「早く食べたいな~」と話していた子ども達。焼き芋が楽しみですね(^-^)

きらり★にじっこ運動会【にじ色の海】

笑顔 きらり ひかれにじっこ ~みんなの心をひとつに~
2年ぶりに念願の青空の下、園庭での運動会が開催されました。子どもたちは朝から元気いっぱいに登園し、少々緊張気味の子どももいましたが、行進や体操、歌などニコニコとても楽しそうにしていました。競技が始まると、小さいお友だちはその年齢で見られる微笑ましい姿があり、泣き顔もまた可愛い姿でした。親子競技などもゆったり安心した中で参加していたので、子どもたちもとてもいい表情をしていましたね。かけっこではそれぞれ自分のペースで最後まで一生懸命走ったり、ダンスではノリノリで踊る子どももいれば、ずっと立ちっぱなしだったりと普段見られない姿も含めて一つ一つが成長の過程であり、私たちを笑顔にしてくれたり、ぎゅっと抱きしめたい気持ちにもしてくれました。
なんといっても、年長児最後のメインとなるソーラン節&和太鼓・フォレストドラムは、子どもたちの生き生きとした堂々とした表情で会場を一気に盛り上げてくれました。そして、リレーでも応援者も力が入り、たくさんの声援が飛び交う中、次に繋げようと誰一人諦めることなく最後まで走りきった子どもたちにとても感動しました。一生懸命頑張った子どもたちに温かい拍手をおくりたいと思います。また、お家に帰ってからもたくさん褒めたり、抱きしめたりされたことと思います。
毎日の遊びの中で、興味を持ったこと、できなかったことができるようになったこと、友だちとの競争で悔しい気持ちを知り努力しようとする姿など遊びを通して学び、この運動会を通してまた一つ大きく成長したのではないかと思います。

楽しかったね!夏祭り!【にじ色の海】

8月、蝉の鳴き声で暑さが増すくらいのいい天気の中で夏祭りを開催することができました。
流れてくる音楽でお祭りの気分を味わいながら、食券をもってお父さんお母さんと一緒に買いに行ったり、自分のお財布から100円を出してクジやボールすくいなどをして楽しんでいました。保護者の方にも盆踊りに参加していただき、親子で触れ合い、たくさんの笑顔を見ることができました。お神輿やまとい、お賽銭箱をもつ子どもたちのかけ声も大きく、盛り上がりましたね!
すてきな夏の思い出が一つ増えました。

絵の具だらけ~【にじ色の海】

『ボディペインティング』をして遊びました。
絵の具を準備しているときから、ワクワクしていた子どもたち。自分の顔や体に筆で描いてみたり、手や指につけてスタンプのように友だちにつけてみたり、「これ混ぜたらどうなるかな?」と自分の体を使って色を混ぜてみたりと、とっても楽しそうに遊んでいました。また、大きな鏡を近くに設置すると、それを見ながら描いてみたり、描き上がった自分の顔をみてニヤニヤしたりと、ダイナミックに遊ぶ姿が見られました。

スイカ割り☆【にじ色の海】

菜園で採れたスイカでスイカ割りをしました。
タオルで目隠しをして棒を持ち、自分の順番が来るのを待ちながらドキドキわくわくの子どもたち。友だちがしているのを見て「がんばれ~!」「もっと右右!」「一歩前~!」など、子どもたちや保育者の声を聞きながら一人ずつ挑戦して行くと、意外にもまっすぐ歩いて力一杯振り下ろし、上手にスイカにヒットさせる子どももたくさんいました。それでもやっぱり難しいので、いろいろな方向を向いたり、探り探り動いたり、違うところに進んでいったりと珍場面がたくさんありましたが、子どもたちはそれぞれとても楽しんでいる様子でした。小さい子どもたちもその様子を興味津々に見たり、スイカを触って喜んでいました♪

ぺた・ペタ・ぺた【にじ色の海】

♪夏の最後の遊び♪
先日したボディーペインティングが子どもたちに大好評だったので、今回は大きな模造紙に手形をしてみよう!ということでフィンガーペインティングをしました。自分の好きな色1色でする子ども、何色も色を混ぜてする子ども、1回ずつ色を変えて全色を使う子どもなど、それぞれが思うがままに手のひらに絵の具を塗って、手形スタンプを楽しんでいました。また、大きな模造紙というのもあってダイナミックに紙いっぱいにつけていましたよ★
この作品を遊びの延長として、運動会の飾りに活かしたいと思います。

レッツ☆うみダンス【にじ色の海】

 

『日本財団 海と日本プロジェクト』という海に関する企画の番組に出演するため、MRTが撮影に来られました。
『日本財団 海と日本プロジェクト』とは・・・さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、ときに心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子供たちをはじめ全国の人たちが「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、日本財団、総合海洋政策本部、国土交通省の旗振りのもと、オールジャパンで推進するプロジェクトのことだそうです。
その企画の中の「レッツ☆うみダンス」というダンスを、今回4.5歳児出演するため、踊りました。1回目は少々緊張気味だったようですが、2回目では元気いっぱい声を出したり歌いながら、にこにこ笑顔でばっちり踊っていました。他にも、海に関する紙芝居「うみのまんまるえがお」も読んでいただき、今の海の状況やきれいな海にするには?など、とても興味・関心をもっていた子どもたちでした。
海が身近にあるこの園で育つ子どもたちには、とてもいい体験になりました。

すいかだぁ!!【にじ色の海】

菜園で作ってとれたスイカを収穫して、みんなで食べました。
まるまるの大きいスイカを包丁で切ると、「うわぁ!すごい!」と、赤くて美味しそうなすいかに大興奮!
子どもたちのお口のサイズに切って、みんなで美味しくいただきました。
「甘~い♡」
「種がいっぱいあるね」
「種を植えてみようかな?」
など、楽しい会話がたくさん聞こえてきました。

かき氷♡【にじ色の海】

夏の暑い日・・・テラスでかき氷をしました。作っている間にまだかまだかとそわそわしている子どもたち。もらうととっても嬉しそうに口いっぱいに頬ばって、おいしそうに食べていました。まだまだ、暑い日が続くのでかき氷や水遊びがたのしいでしょうね♪
 外に出ると異年齢児との関わりもよく見られ、子どもたち同士もなにやら色々な会話をしながら楽しんでいる姿を見て、私たちもほっこりします。とてもいい風景ですね★☆