遊びの工夫【にじ色の海】

最近の遊びNo.1!
昨年の夏に「そうめん流し」用に作った竹遊び。
園の砂場「すなヴァーサ号」は、日本の棚田百選である日南市酒谷の棚田をイメージして作られた船の形をした砂場です。(スウェーデンの有名な「ヴァーサ号」から名付けました)その段を利用して、竹を組み、ボールを流したり、石ころを流したり。ペットボトルに水を入れて、せっせと砂場まで運んで、水を流したり。そのうち、水運びに疲れたのか?ホースを引っ張りこんで遊んでいました・・・( ゚Д゚)
他にも、竹を縦につなげて長くしたり、横に2本並べてみたり、色々な知恵を出し合ってお友だちと協力して、遊びを楽しんでいます。子どもの遊びは無限大です!

Let’s play in English !【にじ色の海】

3,4,5歳児さんは、毎月、英語に触れる「英語であそぼう!」の時間があります。子どもたちの年齢に応じて、歌や動きを交えながら、楽しく英語に触れる時間です。
講師の先生によるネイティブ発音を聞いて育つ子どもたちは、どんどん吸収していって、日本語英語ではない発音で成長していきます。本物に触れるって凄いですね!
3歳児(いるか組)さん、先日、初めての‟英語であそぼう!”の時間がありました。先生の発音を聞いて繰り返し発音をしたり、数を数えたり、いろんなお友だちに英語で自己紹介をして、カードを交換したりしていました。カラフルなカードをたくさん集めて、花や星など思い思いの形を作って遊ぶのも楽しかったようです。
最後は「See you~♡」と先生とハグしてご挨拶。
4,5歳児さんも一つ進級しての英語の時間・・・笑い声もたくさん聞こえて、とっても楽しそうでしたね!
次の英語はいつかなぁ、と子どもたちはとっても楽しみにしています!

絵本に触れて♡【にじ色の海】

今年度も、地域の読み聞かせボランティア「とらかね文庫」の絵本の読み聞かせに、毎月参加させていただきます。
園の近くのハートフルセンターまでお散歩を兼ねて歩いて行って、絵本を楽しめる時間です。この時間が、子どもたちは大好き!いろいろな絵本を選んで準備してくださるので、保育者の幅もとてもひろがっていきます。
4月は3歳児(いるか組)さんがワクワクしながらお出かけしていきました。
子どもたちの興味深々の目・・・いろいろな想像力が膨らみますように♡

お茶の日🍵【にじ色の海】

当園では、5歳児さんは‟お茶の日”として、月一回、お点前(茶道)を行います。
お点前を体験する目的は、『➀日本に茶道があることを知る ➁「おもてなし」の気持ちを育む ➂静かに心落ち着かせる時間を設ける』です。園なりの作法ではありますが、歩く、座る、お茶を出す、立つなどの一連の作法や言葉を確かめながら、身につけていく予定です。
4月のお茶の日。
前日から「明日、お茶する?」「羊羹が食べられる♡」と、お点前を楽しみにする姿がありました。実際、畳に正座してみると「足がしびれる~」と最初は話をしていた子どもたちでしたが、一つ一つの作法を教えてもらっているうちに真剣な眼差しに変わり、ゆっくり落ち着いた立ち振る舞いの一時を楽しめていました。
初めてのお茶の日の感想は、「お抹茶のめたよ!」「お抹茶は苦手~」「足がしびれたね・・・」など、さまざまでしたが、「またしたいね!」と次回への期待も膨らんでいました。
年度末には、お点前を披露する時間があります。一つずつ、丁寧に体験していきましょう。

楽しかったね!親子遠足【にじ色の海】

春風が気持ちがいいお天気の日、大きな広場で親子遠足を行いました。
朝からパパ、ママと一緒でニコニコの子ども達。何日も前から「あと〇日寝たら、遠足やね~」とお友だちや先生と話をしながら、この日を楽しみにしていたようです。昨年は、コロナ感染防止のため、直前で中止せざるをえなくなり残念な思いをしましたので、子どもたちはもちろんのこと、保護者、職員もこの親子遠足の実施を楽しみにしていました。
‟うみダンス”の体操や親子ダンスをして体を動かした後、年齢別にかけっこ、親子団技へ。
0,1,2歳児さんは、パパやママと一緒にトロッコ、3,4,5歳児さんは、こいのぼりリレーをしました。その後、パラバルーンをして盛り上がりました。朝からの強風がちょっと心配でしたが、風の力も助けになり、カラフルなバルーンが大きく膨らみ子どもたちは大興奮!親子でたくさん触れあうことができましたね。
自由時間では、ゆっくりお弁当やおやつを食べたり、家族やお友だちとたくさん遊ぶ予定でしたが・・・突然の雨と強風で・・・急遽、自由解散となってしまいました。週明けには「お家に帰ってお弁当たべたよ~。美味しかった~」とお話してくれた子もたくさんいました。家族でたくさんお話をしながら嬉しそうにお弁当を食べている子どもたちのニコニコ笑顔が目に浮かびます😊
まだ先が見えないコロナ禍での生活ではありますが、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんと触れ合うことができてよかったね!

大きくなぁれ【にじ色の海】

マリン菜園に、野菜の苗(ピーマン、なす、かぼちゃ、里芋、ミニトマト)と、とうもろこしの種を植えました。
「おおきくなぁれ」と声をかけながら・・・。初夏には、たくさん野菜が実るでしょう。ランチで美味しくいただけるのを楽しみに、毎日観察しながら、お世話をしていきたいと思います。
ただいま、たまねぎ、スナップエンドウを毎日収穫中。
先日は、大きなブロッコリー、えんどう豆を収穫しました。えんどう豆の殻むきも子どもたちと一緒にしました。小さな豆が出てくると「わぁ、かわいい~」「お豆がでてきた~」と、大興奮!!
ランチの時間の楽しみが増えました。来週のランチで見つけてみましょうね~。

お空に泳げ~かつおのぼり【にじ色の海】

先日、園庭にかつおのぼり・こいのぼりを子どもたちと一緒に揚げました。
にじ色の海こども園では、毎年、こいのぼりと一緒に‟かつおのぼり”がお空を泳ぎます。漁師町、南郷にちなんだかつおのぼりです。今年は、こいのぼりの数の方が多いですが・・・みんなであげることができてよかったです。
まず、園庭にかつおのぼりとこいのぼりを広げ、それぞれの違いをみました。その後、こいのぼりの歌を元気よく歌い、みんなで1匹ずつロープにつけました。「大きいの泳ぐかな?」と、わくわくした様子でかつおのぼりを触っていた子どもたち。全部付け終わって一斉に揚がると「う~わぁ~!すご~い!」「上まで揚がったねぇ!」とジャンプして、みんなとても嬉しそうな満面の笑みで大歓声でした♪「おっきいのも泳いだねー!」「高くて届か~ん!」などほのぼのとした色々な会話が聞こえ、微笑ましかったです。
最後に、みんなで「かつおのぼりさん、げ元気におよいでね~」と満面の笑みでエールを送りました。
園庭に出ると、優雅に泳いでいるかつおのぼりをよく見上げている子どもたちです★みんなの夢をのせて泳いでね~。

ピカピカの一年生!【にじ色の海】

3月に、にじ色の海こども園を卒園したお友だちが、小学校の入学式の日にピカピカのランドセルを背負って見せに来てくれました。ついこの前まで園児だったこども達が、すごく大きく見えました!
学校に慣れるまではドキドキの毎日かもしれませんが、たくさんのことを学んで、体験して、夢に向かっていろいろなことに挑戦してくださいね。
卒園生が保護者の方と一緒に顔を出して下さって・・・ありがたき幸せです♡
これからも、職員と地域の方々と一緒に子どもたちを見守っていきたいと思います(^o^)

これからよろしくね!祝♡入園【にじ色の海】

2021年度のスタートです!
4月3日(土)に、7名の新しいお友だちを迎え、入園式を行いました。
ちょっと緊張気味のお友だちもいましたが、ご家族の皆さまと園の職員に囲まれ、アットホームな雰囲気の中でのセレモニーとなりました。
今年度も、コロナ禍での活動は続きそうですが、子どもたちと充実した園生活を送りたいと思います。たくさん遊びましょう。
どうぞ、よろしくね(*^^*)

🌸卒園おめでとう🌸【にじ色の海】

令和3年3月20日、卒園式が行われました。
今年は14名のにじっ子が巣立っていきました。小さいお友だちにいつも優しく接してくれたり、たくさんのことに興味を持って挑戦してきた子どもたちです。それぞれの活動での子どもたちの笑顔は最高です!今年度は、コロナ禍の中での園活動でしたが、子どもたちの活動は、例年通り充実したものであったと思います。この園で経験したことを、今から先の生活に繋げていってくれることでしょう。
卒園式では、子どもたち一人一人、しっかりと証書を受け取り、将来の夢や思い出を自分の言葉で伝えてくれました。卒園は旅立ちの一歩です。大きな夢に向かって、はばたいてくれることを期待します。
卒園後も、3月末まで登園する子が多いようですので、のんびりとにじ色の海こども園の園生活を楽しんでもらいたいと思います。
保護者の皆さま、登降園時に声をかけてくださったり、様々な行事の中で応援してくださったり、5歳児かもめ組さんを温かく見守っていただきありがとうございました。今後も小学校での子どもたちの活躍を見ていただいたり、登下校時に引き続き見守っていただくとありがたいです。これからもよろしくお願いします。