お茶の日【にじ色の海】

にじ色の海こども園では、5歳児がお点前の体験をします。
今年度初めてのお茶の日・・・「今日お茶する?」「早くしたいな~!」と子どもたちはワクワクしていました。
まず、作法を教えていただき、興味津々に見ながら、丁寧に指先をそろえたり、正座から立つときの立ち方を真剣に聞いたりしていました。
実際、畳に正座してみると「足が痛い~」と言いながらも一つ一つの作法をしっかりしていくうちに、真剣な眼差しに変わり、ゆっくり落ち着いた立ち振る舞いの一時を楽しめていました。
「抹茶、初めて飲んだけど美味しかった!」「苦くて飲めんかった~」「羊羹おいしかった~」などと様々でしたが、「またしたい!」「次はいつすると?」と次回への期待も膨らんでいました。
日本独特の作法を体験して、世界を広げていけたらいいな、と思います。

ツタンカーメン⁉【にじ色の海】

5歳児さんが、ツタンカーメンのえんどう豆ごはん作りをしました。
ツタンカーメン豆は、古代エジプト(3000年前)のツタンカーメン王の墓から出土した豆の子孫といわれています。ロマンを感じる豆ですね。活動では、まず、地球儀でエジプトと日本を探し、遠く離れた国であることを知りました。
サヤから豆を出す作業は面白かったようで、夢中になりいつしかお部屋が静まり返っていました。それからお米を研いで、炊飯器で豆と一緒に炊きました。炊きたての時は、普通のエンドウ豆と変わらない色なのですが、しばらく保温すると、豆ごはんがお赤飯のように赤味を帯びていました。「不思議だね~」という表情の子どもたち。
おやつの時間にラップで包んで、おにぎりにしていただきました。

そら豆くん【にじ色の海】


先月、そら豆の収穫をしました。
先生からどんなそら豆だったら収穫できるのかを教えてもらい、子どもたちもそら豆を見ながら、「下を向いているやつ・・・」や「そら豆に黒い線があるやつ・・・」とつぶやきながら探していました。大きいそら豆を見つけると大興奮の子どもたち!「一番おっきいのがとれたよ!」と友だちと見せ合いっこしていました。
そのそら豆のさやを剥いていくと中から真っ白いふかふかのベッドが現れ、子どもたちも触っては「ふかふか~」「きもちいい~」と言う子どもたちや「ふかふかしちょっけど、濡れちょるね!」や「ヌルヌルする~」など、子どもたちも様々な感触の感想を口にしていて面白かったです。そして、そら豆の豆を見ると、大小を子どもたちと比べていました。大きいさやの中に大きい豆が入っているかと思えば小さい豆が入っていたりして、とても楽しくそら豆を取り出していました。
みんなで一生懸命そら豆のさやを剥きそれを湯がいて、薄皮を取り、マッシャーで潰し、バター・砂糖・塩で味付けをした後にラップで丸く絞りました。子どもたちは食べるのが待ち遠しい様子でしたが、ランチの後のデザートとしていただきました。初めて食べる子どもたちが多く、どんな味がするのか楽しみのようで、食べてみると「キャラメルみたいにあま~い♥」「うまい!」と絶賛していました。自分たちで収穫して自分たちで作ったそら豆きんとんは格別に美味しかったようです。
子どもたちには豆には色んな形・大きさ・色があることを伝えていきました。大豆を見せると、「鬼が嫌いなやつ!」と言う子どもたちもいました。あんこは小豆からできる話しなどをすると子どもたちも興味津々に話を聞いていました。
そして・・・そら豆くんの絵本を読むともっとそら豆に興味を持っていた子どもたちでした。

大好き!どろんこ遊び【にじ色の海】

雨上がりの園庭は・・・絶好の遊び場!
子どもたちはどろんこ遊びが大好きです。水たまりを見つけるなりバシャバシャと足踏みしています!顔にどろんこがついてもへちゃらな子どもたちです。雨上がりの園庭には楽しいことがたくさんあるようで、みんなワクワク感満載で、いい笑顔がたくさん見られますよ😊

日向夏で🍊【にじ色の海】

5歳児さんと【日向夏ジュース】を作りました。
最初に「日向夏」についての豆知識を簡単にお話しました。
*日向夏は宮崎県の特産品で、日本の生産量の50%をしめる。3~4月が食べ頃。
*江戸時代末期に、現宮崎市の赤江村城ヶ崎で偶発実生として発見されたこと。
*日向夏のおいしさの秘密は、ふかふかの白皮(アルベド)にあり、そのまま食べられること。
*疲労回復が期待されるクエン酸やビタミンCがたっぷり含まれていること。
まず、日向夏を果物ナイフで半分に切りました。それから種をスプーンでとって、果汁絞り器で日向夏を絞りました。絞ると果汁がたくさんでてくるので、その作業が面白かったようです。絞った果汁をワイングラスに注ぎ、お友だちと乾杯しました🍷自分で絞ったジュースは格別だったようで、おかわりの催促がたくさんありました。
今が旬の日向夏。その爽やかな酸味、独特の風味を堪能しました。

カニ🦀【にじ色の海】

ある日・・・
「こっちにいるよ~!」「こっちにもおったー!」と言いながら、人工芝の裏を見ていました。すると、そこから小さなカニが一匹・・・子どもたちは一生懸命、カニを捕まえ、水をはった虫かごに入れていました。そこまでの子どもたちの姿は、とても協力的で素晴らしいものでした。そして嬉しそうに友達や保育者に「見て!」「カニ~!」と見せに来てくれました。小さなカニは水の中で動いては子どもたちに触られ・・・😊
これからカニがたくさん園に遊びに来てくれる時期になってきます。楽しく観察をし、大事にしてくれるといいなと思います。

新しい仲間たち🐠【にじ色の海】

マーメイド水族館に新しいお魚やイソギンチャクが仲間入りしました。
とっても小さくて可愛いカクレクマノミは子どもたちに大人気です🐠
水族館に遊びに来た0・1・2歳児さん。新しいお魚をみつけると大歓声をあげ、大きな水槽を見上げながら「ニモ!!」と元気に呼んでくれていました。
生き物と触れ合うことで、命の大切さを幼い頃から伝えていけたら・・・と思います。

マリン菜園で野菜収穫!【にじ色の海】

マリン菜園に植えていた【にんじん】【ラディッシュ】【二十日大根】を収穫しました。
葉っぱで、何が収穫できるのかわかる子もいて、ビックリ!!
ラディッシュを収穫した際、丸くてピンクのかわいい形をしているのが子どもたちの頭にあり、二十日大根を収穫した時の子どもたちの反応は・・・「色はピンクやけど形が長いねぇ!」と形の違いにしっかり気づいていましたよ!小さいお友だちも手に取って触ってみました。
収穫したお野菜は、自分たちできれいに洗って、ランチ室へ~美味しいランチに変身します。
自分たちで実際に収穫して触ることで気づくことがたくさんあります。色々なことをこれからも体験・経験して楽しく活動できたらいいなと思います。

素敵なおやつタイム♪【四季の森】


年長児さんが旬の日向夏を使って青空クッキングをしました。たくさんの日向夏を絞り器で絞って、日向夏エキスをたっぷり集めてくれていると、爽やかな香りに「いい匂い~」と歓声を上げながら楽しんでお手伝いをしてくれました。お砂糖とゼリーになる素を入れて混ぜた後は、日向夏の皮を器にしてゼリーの液を入れました。おやつまで、「ゼリー固まったかな?」「早く食べたいな~」と待ち遠しかったようです。テラスでそら組さんは素敵なおやつタイム。きれいに固まった断面に「きれい~!」「食べるのがもったいないね」と大事に大事に食べていました。本物の果物でできたゼリーは香りも味も格別だったようです。