虹をつくろう!【にじ色の海】

雨続きのある日・・・
この日も雨が降り続いていました。その様子を窓越しに眺めるJさん。少し明るくなった外を見ながら「先生、にじ出る?」との質問でした。「虹が出る時は、雨がやむ時にお日様が出るか、お日様が出ている時に雨が降り出すかだね。」と説明したものの、ちょっと消化不良気味の説明になってしまいました。そして翌日、お部屋の中でにじを作ることにしました。
2階の小さなお部屋に暗幕をして暗くしました。そして、水を入れたペットボトル。アルミホイルで光る部分を細くした懐中電灯。また、大きめのタッパーの中に鏡を入れた物。一つ目は、ペットボトルの横から懐中電灯で照らすと光がペットボトルに当たって曲げられ、右の写真のように、肉眼ではっきりと白い壁ににじができました。光には色がないように見えますが、実は色々な色が混ざって無色に見えるのだそうです。雨上がりの空にできる虹は、太陽の光が空気中の水滴にあたり曲がってできます。二つ目のタッパーと鏡で作るにじは、難しくてできませんでした。その後は、水の動きが幻想的に映り変化していく形を楽しんだり、影絵をして様々な形を表現したりしていました。
これからも、「なぜ?」「どうして?」の気持ちを大切にしていきたいと思います。

段ボールアートに挑戦!【にじ色の海】

にじ色初!
段ボールアートをしました。
お家の方にたくさん協力をしていただき、たくさんの段ボールが集まりました。子どもたちは大きな家をみんなで協力して作る姿が見られました。「こっちがキッチンね~」「ドア付けたらいいっちゃない?」「テレビができた!」「リモコンも作ったよ~」と作っている子どもたちがワクワクしながら製作をしているのが分かりました。中には、ロボットを作り、その中に入ってみんなを楽しませてくれる子どもたちもいました。3歳児の子どもたちもハサミを上手に使い箱を切る姿が見られ私たちも子どもたちの発達に驚かされました。2歳児さんは、段ボールにマジックを使って豪快に絵を描いていました。大きな段ボールに描くことがなかなかないので子どもたちは終始ニコニコで楽しんでいました。
5歳児のA君。なんと、戦車を作っていました。ウクライナとロシアによる戦争の映像がニュースに出てきているのをよく見かけていたようで戦車を作ったようです。子どもたちは色々な物を見て刺激を受けてそれを自分で作り出していました。日常でのそのような光景を大事にしていきたいですね。これをきっかけに子どもたちに戦争についての絵本を読んでみました。子どもたちに「平和」とは何か聞いてみると「安全なこと」と言う声がきかれました。しかし「戦争は?」と聞いてみると分からない子どもたちでしたが『へいわとせんそう』の絵本を読み少しずつですが理解できたようです。

クッキング~♥【にじ色の海】

5歳児の子どもたちが、ホットケーキを作りました。
朝から楽しみにしているようで、「エプロン持ってきたよ~!」と教えてくれました。ランチスタッフの話を聞きながらいざ、ホットケーキ作りを始めました。ボウルに材料を入れるとグループごとに混ぜる順番を決め、自分たちで混ぜる姿が見られました。そしてホットプレートで焼いていくと、「わ~良いにおいがしてきた♥」や「亀の形に見える~!」など子どもたちは楽しく焼いているところを眺めていました。
焼き上がったホットケーキにミカンやキウイ・バナナ・チョコソース・バニラアイス・生クリームをトッピングし、可愛くできあがったホットケーキを美味しそうに食べていました。美味しすぎてほっぺや口の周りにチョコソースや生クリームがたくさん付いている子どもたちもいましたが、みんな笑顔でキラキラしていました。自分で作った、たった一つのデザート★
きっと美味しくて幸せだったんでしょうね(*^_^*)

あま~い♥びわジャム【にじ色の海】

6月、びわのジャムを作りました。
子どもたちは自分たちより高いびわの木のびわを頑張って手を伸ばして取っていました。計りで重さをはかってみると、約1,200gありました!
まず、びわの皮をみんなで剥いて種や薄皮を取り除き、それを鍋に入れ、火にかけて砂糖やレモン汁を入れ、水分がなくなるまで煮詰めました。
おやつにびわジャムをパンに付け、以前作っておいた梅ジュースを飲みました。子どもたちは普段と違うカクテルグラスで梅ジュースを飲みましたが、子どもたちから自然と「かんぱーい!」と言う声も聞かれ、美味しそうに飲んでいました。びわジャムパンも「おいしい!」「あまーい」と何度もおかわりをしながら「なんか今日パーティーみたい♪」と嬉しそうに話していました。
子どもたちが楽しくできる活動をこれからもたくさんしていきたいと思います。

梅【にじ色の海】

5月半ば・・・梅ちぎりに行きました。
初めにバスに乗っていったにじ組(4・5歳児)さん。
梅の木の下にシートを広げ、竹やバケツを準備して、竹をもって枝を揺らして梅を落とします。梅がボトボト落ちるたびに「うわ~!落ちてきた~」「あたった~、痛~い」と大興奮‼歓声をあげながら、楽しそうに落ちてきた梅の実を拾っていた子どもたちでした。
第二陣のうみ組(4・5歳児)さん。到着すると、これまた大興奮で我先に!と探し回ってバケツやざるいっぱいになるまで、梅の実を拾って大喜びしていました。「梅の雨が降ってるみたい~」と表現する子もいて、ほっかりした気持ちになれました。
中には、梅の実よりも、ちょうちょやバッタ捕りに夢中の子も!さらに、5歳児さんは、みかん狩りやタケノコ収穫を体験させてもらい、子どもたちは大満足でした。
園に持ち帰った梅は、5歳児さんがきれいに洗って、ヘタをとり、水分を取りました。初めての体験で、楽しかった様子で、ヘタ取りに集中していました!
後日、梅を瓶に入れ塩を入れて‟梅干し”を、氷砂糖を入れて‟梅シロップ”を作りました。どちらもおいしくできますように♪

ハロウィン🎃

英語であそぼうで、海賊に変身したルーク先生にハロウィンのことを教えてもらいました。ルーク先生手作りのピニャータの登場で子どもたちも嬉しそうに交替で叩いていました。割れて出てきたお菓子をみんなでもらって楽しい英語であそぼうの時間となりました。園庭にはハロウィンの変身コーナーがあり、子どもたちに大人気です。お化けや魔女になりきってファッションショーを楽しんでいます。

こあら組🐨うさぎ組🐰保育参加🎃【四季の森】

こあら組・うさぎ組の保育参加が行われました。ハロウィンが近いということで、お菓子を入れるバッグ作りや木の実を入れたマラカス作りを親子で楽しみました。その後は様々な衣装を選んでファッションショーや写真撮影をして親子での楽しいひと時となりました。可愛い衣装に身をまとってシャーロットまで歩いていくと魔女がお出迎え♪「トリック オア トリート」の合言葉で嬉しいお菓子のプレゼントがもらえました。子どもたちのキュートな姿や日常の生活の様子を見ていただくことができました。

秋の遊び🍂【四季の森】

木の実や木の葉が園庭や散歩道で見かけるようになり、毎日子どもたちの手の中、ポケットの中には秋のお土産でいっぱいです。秋の自然物を使って、ごっこ遊びや見立て遊びなど遊びの展開も広がっています。影絵遊びや落ち葉集めなど外での遊びがわくわくするものばかりです。どんぐりの種類も覚えている最中です。

 

芋ほり🍠【四季の森】

園の畑で芋ほりをしました。土の中から出てくる大きなお芋に、まるで宝探しみたいで不思議な感覚だったかもしれません。「よいしょー!」と掛け声をかけ、抜けたと同時に尻もちをつく可愛らしい姿も見られました。掘ったお芋は大きさ(大きい・中くらい・小さい)に分けたり計りに乗せて重さを計って比べたりしました。年長児はクッキングで収穫したばかりのお芋を切ってその場で天ぷらにしました。獲れたて揚げたての美味しさを存分に体験し、収穫の喜びを味わえたようです。さつま芋は、土の中では電車みたいに繋がっていること、切った時の色と熱を通した後の色が違うことなど実際に自分の目や体で体験することで、知識として刻み込まれるのだと思います。

みんな輝け 世界が笑顔になる 森っこ運動会【四季の森】

 

天気が心配されましたが、気持ちの良い秋風が吹く中、運動会をスタートすることができました。「みんな輝け 世界が笑顔になる 森っこ運動会」~世界とつながる 友だちの輪~のテーマのように、子どもたちのきらり輝く姿がたくさん見られ、保護者の皆さまも子どもたちの成長を感じられたことと思います。この運動会を通して一人ひとりが輝き、感動を与えてくれました。子どもたちに大きな拍手を送りたいと思います。