発表会✨【四季の森】


12月4日(土)に発表会を開催しました。「一人ひとりが主役」の発表会。そんな気持ちで取り組んできました。たくさんの笑顔が見られ輝いていました。会場は子どもたちの達成感と観客の皆様の感動で包まれていました。子どもたちが、確実に日々成長していることを実感した瞬間でもありました。立派に自分を表現した子どもたちに大きな拍手を送りたいと思います。

「マイ箸作り」スタート【四季の森】


10月29日(金)から4歳児さんが箸作りをスタートしました。2名のお友だちが箸作りをしていると、「なにをしているの?」「え~っやりたい、やりたい」と子どもたちは、興味津々。木育を始めた当初より、木に関わる活動に関心を寄せていることを感じられ嬉しく思いました。箸づくりは、紙やすりで削るのですが、箸(木)の4面(前後左右)を同じような力で、同じ回数削らなくてはなりません。この活動のサポートをしていた先生と、「意外と難しいですね」「しっかりしたサポートが必要ですね」と初めての活動の振り返りをしたところです。これから、日常の生活の中でコツコツと積み重ねていきます。このコツコツが簡単そうで難しい。だけれど、継続することで、木育で学ぶ6つの力のひとつ「根気ややる気、達成感を感じる」に違いありません。

うさぎ組・こあら組保育参加【四季の森】


10月28日(木)にうさぎ組の保育参加を開催しました。この日はハロウィンが近いということで、おうちの方と一緒に変身用の衣装作りや、お庭で活発に遊ぶ姿を見ていただきました。ジャック・オー・ランタン、魔女、ゴースト等に仮装し、写真を撮ったり友だち同士でポーズを決めたり、可愛らしい姿がたくさん見られました。また、11月11日(木)にこあら組の保育参加を行いました。秋の製作ということで、落ち葉や松ぼっくりを使って、リースやバッグ、お面を作りました。作ったバッグにどんぐりをたくさん入れて見せてくれたり、お面をつけて写真撮影したりと楽しんでいました。また、園庭に出ていくと外で遊んでいるお友だちにも見せてくれ、満足そうな笑顔を見せてくれました。

バケツ稲🌾収穫【四季の森】


10月20日(水)にきりん組さんが育てたバケツ稲を収穫しました。バケツの土の温度が高くなり枯れそうになったりしながら育てたお米です。お米を手で一粒一粒採っていきました。その姿を見ていたぱんだ組さんもお手伝いをしてくれました。園の近くの精米所で精米し、炊き立ての新米をおにぎりにしていただきました。
わらは天日干しをしてとってあります。年末に、しめ縄づくりを予定しています。

地域交流『いきいきサロン』【四季の森】


10月19日(火)に乙東公民館で、地域の高齢者の方との交流会がありました。きりん組の子どもたちは、パラバルーンの表現を披露し、パン食い競争では揺れるパンに苦戦しながらもみんなで応援して楽しむことができました。パターゴルフにも挑戦し、おばあちゃんたちに教えてもらいながらコツをつかむと、どんどん遊びこんでいく子どもたちでした。笑いヨガも教えていただき、皆さん、子どもたちの可愛い姿に目を細められていました。
核家族化が進んでいる現代に、世代間交流はとても大切な取り組みです。お年寄りをいたわる気持ちが育まれ、思いやりやマナーを身につけることができます。何より、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に過ごす時間は、優しい眼差しに包まれ穏やかな時間が流れています。

素敵なフレーム📷(0.1.2歳児保育参加)【にじ色の海】

先日、0,1,2歳児の(ぺんぎん組、らっこ組)の保育参加がありました。
朝のサークルタイムは、お父さんお母さんのひざに抱かれ、あたたかく見守られながらの落ち着いた雰囲気でした。元気なお返事や歌声が聞かれ、笑顔あふれるひと時でした。
その後、普段の保育活動の中で、お散歩に出かけた時に拾ってきた“どんぐり”、“木の枝”、“ち葉”などを使って【フォトフレームづくり】をしました。飾りたい材料は何かを、子どもたちと話しながら、フレームに綿棒でボンドをつけ、お父さんお母さんも楽しみながら製作をされていました。個性あふれる作品がたくさん出来上がりました!
朝一番に親子で撮った写真を入れて、世界に一つだけの素敵なフレームの完成!!保護者の方も、こどもたちもニコニコでした😊宝物だね!

大きなお芋が出てきたよ!【にじ色の海】

11月に、マリン菜園のお芋掘りをしました。
畝に長く伸びたつるをみんなで持って「うんとこしょ!どっこいしょ!」とかけ声をかけながら、力いっぱい引っ張っっていました。くっついてくるお芋に子どもたちは大興奮🎵「まだ土の中にあるはずよ~」と、声をかけると一生懸命掘り始め、土の中からどんどん出てくるたびに「うわっ~!これおっきーい!」「たくさんでてきた~」とたくさん掘ってくれました。

後日、収穫したお芋で焼き芋をしました。数日前から園庭の落ち葉を集めたり、海で流木を集めて楽しみに待っていました♪お芋を洗って・・・ぬれた新聞紙に包んで・・・ホイルに包む・・・この工程を子どもたちは楽しそうにしてくれました。
菜園に大きく掘られた穴に、準備したお芋を投入~。焼きあがると、パラソルベンチやひょうたん島の木陰でいただきました。「あつい~」と、言いながら「おいしいねぇ」「あったかいねぇ」と、お友だちとニコニコ顔で食べていました。

とれたお芋は、焼き芋以外にランチにも提供されます。これからの季節、あったかい汁ものに大活躍ですよ!
自分たちで育てたお芋。苗がたくさん葉っぱをつけて、土の中で大きいお芋になって嬉しかったようです。そして、焼き芋や美味しいランチで食べることができて幸せそうな子どもたちでした。

ハロウィンキャンプ(お泊り保育)【にじ色の海】

10月末、こども園にて『ハロウィンキャンプ』を行いました。
前日、当日とキャンドル作りや食材等の買い物にいき、気持ちが段々と盛り上がっていきました♪無事にハロウィンキャンプを終えることができ、みんな元気に帰宅していきました。友だちと楽しく過ごした日の思い出は、子どもたちの心に深く刻み込まれたことでしょう。何年経っても子どもたちの記憶に残る素敵な思い出になると嬉しいです。家族と離れて一夜を過ごした子どもたちは、また一つ成長したように感じます。

~★夕食タイム★~
子どもたちに人気NO.1のメニューがカレーライス。金曜日の午後に年長児と一緒に食材の切り込みをしました。ランチ室の先生にカレーを作ってもらい、登園後、たき火やキャンドルライトのともるパラソルテーブルで食べました。
カレーライス、たたきキュウリ、ゼリー、さつま芋チップスなど、嬉しそうに食べていました。

~★ハロウィンパーティー&花火★~
マントにとんがり帽を身に付け、キラキラ☆ミラーボールが輝く2階ホールので、宝探しが始まりました。お菓子や景品を探して大盛り上がり!!なかなか見つからないお友だちがいましたが、皆で探してほっかり温かい雰囲気に包まれました。その後、園庭で周りが煙に包まれる程、歓声をあげながら花火を楽しみました。花火の煙がなくなると、きれいな星空が広がり、ひょうたん島に寝転がって、眺めました。

~★目井津港、魚のせり★~
朝6時に起床。園バスに乗って目井津港の魚のせりを見に行きました。寝る前に、朝着る服を枕元に準備していたので、皆スムーズに準備ができました。港ではたくさんのトンビが出迎えてくれ圧巻でした。コンテナに仕分けられた魚を見て回り、まじかに見る色々なお魚の醍醐味を楽しんでいました。その後、防波堤で朝日に包まれ、海を眺めながらの朝食でした。食後は広い防波堤を皆で駆け回って鬼ごっこを楽しんでいました。

木育プログラム~マイ箸づくり~【四季の森】


10月22日(金)に「みやざき木育プログラムマイ箸作り」を開催しました。地域サポーター12名の方々に来ていただき、くま組さん(4歳児)のお手伝いをしてくださいました。開始前から、子どもたちと地域サポーターの方々と和やかに会談する姿が見られ、絆が深まっていることを感じ嬉しく思いました。
日本はただ一つの「完全箸食文化圏」です。箸を使う他の国は、レンゲやスプーンを一緒に使用します。自分専用の箸を決めて食事をするのは日本だけの風習だそうです。古来、日本では、唾液がつく箸には、使った人の魂が宿ると信じられていました。箸は自分の分身ということです。神様とつなぐ役割がある自分の分身の箸。だから共有してみんなで使うのではなく、一人ひとりに自分専用の箸を使うようになったそうです。その日本の文化「箸」を作ります。
箸の材料は宮崎県の県木で、箸に適した「山桜」の木です。一人ひとりに合った長さを測ってもらい、のこぎりを使用し自分で切りました。マイ箸作りはこれから、イベントとしてではなく日常生活の中で、コツコツと積み重ねながら作り上げていきます。個性溢れる箸の完成が楽しみです。