0.1歳児保育参加 【四季の森】

10月31日(金)に0.1歳児の保育参加を開催しました。この日はハロウィン当日ということで、どちらのクラスもハロウィン一色となりました。りす組さんは、一緒に製作したカボチャのカゴに園庭のどんぐりや松ぼっくりを拾って遊びました。ひよこ組さんは、シャーロットの家で足形手形を取ってハロウィンアートを。その後に、カボチャの提灯(ピニャータ風)を叩くとお菓子が出てきてびっくりした表情を見せてくれました。どちらも、仮装した姿がとても可愛かったです。

ハロウィンパーティー 【四季の森】


10月30日(木)にキャスリン先生と3・4・5歳児さんが、「英語で遊ぼう」の中でハロウィンパーティーをしました。ハロウィンは、秋の収穫を祝い悪霊などを追い出す意味合いのある行事です。悪霊を怖がらせて追い払うハロウィンに欠かせないアイテムの「ジャック・オー・ランタン」も飾りました。
絵本やダンスをした後に、”トリック・オア・トリート”(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)と子どもたちが言って、キャスリン先生からお菓子をいただきました。遊びながら学ぶ生きた知識は、今後大いに子どもたちに影響を与えることでしょう。

元気でいてね! 【四季の森】

10月28日(金)に日南市平山にある『スマイルホーム にじ』さんへ年長児さんが慰問に行きました。最初に、歌やダンス、和太鼓&フォレストドラムを披露しました。回を重ねるごとに法被姿も勇ましく、自信を持って演奏する姿に成長を感じました。お話をしたり肩たたきをしたりして利用者さんと触れ合うと、ひ孫さんと重なったり、子どもたちの小さな可愛らしい手の温もりに、涙を流される利用者さんもいらっしゃいました。喜んでいただけるお気持ちは、子どもたちの心にも響いたことでしょう。帰りには、手作りのメダルを首からかけていただいたり、みかんやお土産をいただいたりして、とても嬉しそうにしていました。

ようこそ!にじ色の海のおともだち 【四季の森】

10月16日(水)に姉妹園のにじ色の海こども園の年長児さんと交流を行いました。まずは、しっぽ取りゲームを一緒に行ったので随分とお互いの距離が近くなったようです。なかなかお天気に恵まれず延び延びになっていた「そうめん流し。」流れていくそうめんを箸で掴むのも次第に慣れて、美味しそうに頬張っていました。トマトは至難の業でしたが、それもまた笑いに包まれ、楽しいひとつの仕掛けとなったようです。ゼリーも流れてきましたよ。楽しい時間もあっという間に過ぎましたが、帰りの際には、「今度は栄松ビーチに貝殻を拾いに行こうね。」と次回を楽しみにしながらさようならをしました。

『いきいきサロン』へ行ったよ 【四季の森】

10月15日(火)に乙東公民館で、地域の方との交流会がありました。子どもたちは、鳴子を使ったダンスや歌♪「ね」を披露しました。バルーンアートを実際に体験させていただいたり、笑いヨガをしたりしました。皆さん、子どもたちの可愛い姿に目を細められていました。核家族化が進んでいる現代、世間間交流はとても大切な取り組みです。お年寄りをいたわる気持ちが育まれ、思いやりやマナーを身につけます。何よりおじいちゃん、おばあちゃんと一緒に過ごす時間は、優しい眼差しに包まれ穏やかな時間が流れています。

森っこ うんどうかい 【四季の森】

10月12日(土)、秋の美しい青空が広がり、慣れ親しんだ園庭で運動会をスタートすることができました。「風にのり 空まで届け 笑顔の森っこ うんどうかい」のテーマのように、子どもたちのキラリ輝く姿が随所に見られ、一人ひとりが輝きと感動を与えてくれました。運動会を終えた日常の園庭遊びでも音楽が流れると元気に体を動かして笑顔で楽しむ姿が見られ、まだまだ運動会の余韻を楽しんでいます。

☆0歳児:笑顔でゴール☆

☆1歳児:パパママと一緒で楽しかったね☆

☆2歳児:可愛いパイナップルに変身☆

☆3歳児:力を合わせて大玉ころがし☆

☆4歳児:息の合ったパラバルーン☆

☆5歳児:勇壮な太鼓でした☆

☆そらかぜ合戦 必死だったね☆

消火訓練に興味津々 【四季の森】

9月24日(火)に総合訓練を行いました。今回は、地震後の火災が発生を想定しました。消防署員の方から、日頃の訓練の積み重ねが大切だとお話をいただきました。その後、消防車に乗せていただいたり、防火服などを着用させていただきました。職員は、通報訓練と消火訓練を行いました。まずは、火災等発生させないこと、また初期対応を大切に心掛けていきたいと思います。

祖父母参観 【四季の森】

 9月13日(金)に祖父母参観を開催いたしました。子どもの気持ちに寄り添ってくれるおじいちゃん、おばあちゃんとふれ合い、安心感の中で甘える子どもたちの姿は、とても微笑ましかったです。祖父母の方の世代の知恵や優しさに触れることは、子どもたちが成長していくうえで大切な経験だと思います。
 今回は朝のお集まり(サークルタイム)やふれ合い遊びを行い、一緒にランチを食べました。ソーメンやおにぎりの他、お漬け物も提供しました。あらゆる食材や食品を知ることは大事なことだと思います。世代間の食の交流にもなりますね。


楽しかった!夏遊び 【四季の森】

8月29日(木)に今夏のプール閉じをしました。これまで夏の遊びを展開してきましたが、その遊びに加えてかき氷やゼリー流しを行いました。最初にドライアイスを使って、音を聞いたり煙を見たりしました。洗剤を混ぜると泡がもくもく出てきたり、洗剤の膜を作ると煙がダンスをしているように動き出し、その不思議な現象に目を丸くして見入っていました。
 ボディーペインティングでは、赤・青・黄色の絵の具を体や顔、手足に塗りその感触を楽しみました。時々、鏡を見ては変化していく自分の顔やお友だちの顔を見て笑いに包まれていました。
 色水遊びやシャボン玉、プール遊びを存分にし、かき氷とゼリー流しを楽しみました。「今日は、最高の日だった~」と子どもたちが話している姿に満足な遊びが繰り広げられたのだと嬉しく思いました。

ウキウキ☆ワクワク☆夕涼み会 【四季の森】

 8月31日(土)に夕涼み会を開催しました。そうめん流し・かき氷を中心に、くじ引き(お面)・駄菓子・光るヨーヨー・バルーンアート・ソフトクリームと楽しい出店がたくさんありました。
 オープニングを飾ってくれた年長児さん。迫力ある太鼓の演奏で華やかな開会となりました。かき氷を美味しそうに食べる姿やお面を嬉しそうに見せてくれる姿など、目をキラキラさせている子どもたちの姿を見ると、こちらまで楽しい気持ちにさせていただきました。素敵な夏の思い出となり心に残ってくれると嬉しいです。