プール開き【四季の森】

 

 

 

 

先日は台風の影響でプール開きが延期になり、残念そうな子どもたちでしたが、朝からプールに水が溜まっていく様子を嬉しそうに見ていました。水着を着るのも、水に触れるのも本当に楽しみにしていた子どもたちです。
みんなで一緒に「お清め」をすると、初めての水あそびを楽しみました。大きいクラスではプールに入ると歓声があがり、バタ足や水しぶきをあげて笑顔いっぱいでした。

 

梅シロップ作り【四季の森】

園庭になった梅を収穫し、梅シロップを作りました。今年の梅は実も大きく豊作でした。約4キロの梅を砂糖につけシロップ作りをしました。子どもたちは、「楽しみ~!」と言いながら、一つひとつ丁寧に瓶へ入れていきました。

出来上がりはとても甘く梅の香りがとても感じられました。「甘いね~」と完成を楽しんでいました。

 

芋の苗植え【四季の森】

年中児と年長児で芋の苗を植えました。黒いマルチシートに空いた穴に一本ずつ丁寧に植えて土をかけ、「大きくなあれ~」と魔法をかけながら大切に植えてくれました。「いつできるかな?」と子どもたち同士での会話もうきうきしていました。芋ほりと焼き芋が楽しみです。

そら豆・びわ・ジューンベリー収穫【四季の森】

菜園のそら豆の収穫をしました。子どもたちは、収穫の時にそら豆のさやの大きさに驚いて、喜んでいました。塩ゆでやオリーブオイル炒めをランチで美味しくいただきました。自分たちで育てた野菜は最高です。びわもたわわに実をつけ、そっと傷をつけないように気を付けながら収穫できました。ジューンベリーも色づき始め「早く大きくなあれ」と水をあげたり観察したり楽しみがいっぱいです。

これからも、菜園で大きく成長した野菜や果物が子どもたちの心と体の栄養になり、たくさんの笑顔につながることに感謝して大切に育てていきたいと思います。

こいのぼりを揚げました【四季の森こども園】

4月10日に子どもたちが楽しみにしていたこいのぼりを揚げました。心地よい風の中に初夏の香りを感じながら、小さいクラスの子どもたちも一緒に揚げることができました。

緑の新芽を背景に勢いよく泳ぐこいのぼり。空を見上げる子どもたちからは歓声と拍手がわき起こり、ジャンプしてしっぽにタッチしたり、走り回ったりとても賑やかでした。


入園式【四季の森】

4月7日に入園式が行われました。新しいクラス・先生方・お友だちなどに、期待と不安で胸を膨らませていることでしょう。1年でたくさんのことを経験し、成長してくれることを期待しています。園では、ひとりひとりの気持ちを大切に受け止め、楽しく生活できるようにお家の方と協力して、子どもたちを見守っていきたいと思います。

卒園式~こんなに大きくなりました~【四季の森こども園】

 

3月24日、春の暖かな日差しの中「卒園式」が執り行われました。一人ひとりの子どもたちが修了証書を受け取り、将来の夢を発表しました。スイートピーやストックなど、たくさんの春の花に囲まれ、感動いっぱいの素敵な卒園式でした。

卒園式後、「今までありがとう!」気持ちをこめて、子どもたちが保護者にお茶のお点前をしました。練習してきたお茶のお作法みんな上手にできていました!きっとおうちの方の心にもしみるお抹茶だったことでしょう。

卒園生のみなさんお元気で!たくさんの思い出をありがとう!また遊びに来てくださいね!

IMG_1694

IMG_1679

IMG_1650

IMG_1641

IMG_1611

IMG_1601

 

ぺったんぺったんおもちつき!【四季の森こども園】

もちつき

2月15日はみんなが楽しみにしていた「おもちつき」を行いました。あいにくの雨で、釜でもち米を蒸すことは出来ませんでしたが、ランチ室で蒸したもち米の独特の香りや味。丸める時の柔らかい感触。昔から伝わる道具の名称や使い方など、もちつきを通して色々なことを体験しました。黒砂糖を入れたり、醤油をつけて食べていました。自分たちで作ったおもちは特別においしかったようです。

もちつき1もちつき2もちつき3もちつき4もちつき5もちつき6もちつき7もちつき8もちつき9もちつき10もちつき11もちつき12もちつき13

 

鬼は外!福は内!【四季の森こども園】

 

節分

2月1日に鬼さんから「あしたあそびにいくね~!」とお手紙をもらい、2月2日は朝から玄関やランチルームにいる鬼を見て、ちょっと怖がったりドキドキしながら触ってみたり、子どもたちは興味津々でした。
ランチルームに集まると、節分の大型絵本やパネルシアターなどを楽しんだ後に園庭に出ました。新聞紙で作った「豆」でゲームなどをしていると、裏山の木がゆらゆら~「あっ!!鬼?」とみんなで裏山を見ているところに赤鬼!青鬼!が登場!「うわぁ~鬼さんが来た~」と、園庭は大賑わいでした。鬼に向かって豆を投げる子、鬼から逃げて行く子など様々な子どもたちの姿が見られました。最後は握手をしたりタッチをしたりして仲直り。子どもたちの「また来てね~ばいば~い」の声に手を振って、鬼さんは嬉しそうに裏山に帰って行きました。

節分1節分2節分3節分4節分5節分6節分7節分15節分9節分11節分13節分11節分15節分16