はじめてのお泊まり会 【四季の森】

7月17日(金)・7月18日(土)に年長児さんがお泊まり会をしました。
=お買い物=
当日の午前中に2班に分かれてスーパーにお買い物に行きました。食材の買い物リストを見ながら、「人参!玉ねぎ!」と買い物かごに入れていきました。

 

 

 

 

 

=夕食タイム=
子どもたちに人気NO.1のメニューがカレーライス。自分たちで買ってきた食材を確認しながら調理していきました。楽しいおしゃべりと共に食欲も増します。おかわりをする子どもたちが多く、笑顔に包まれた夕食となりました。

 

 

 

 

 

=スイカ割り&花火=
子どもたちが楽しみにしていたスイカ割り。タオルで目隠しして、「まっすぐ!こっちこっち!」と応援にも力が入りました。花火タイムは、色鮮やかに光る花火に夢中でした。

 

 

 

 

 

=シャワー&星の上映会=
シャワーを浴びた後、夜は2階のお部屋で眠りました。2階のポラリスのコーナーではブラックライトに浮かび上がった無数の星が幻想的な雰囲気を醸し出していました。その光景に子どもたちは「わぁ~!!」「きれ~い!!」と大興奮でした。星にまつわる上映会も大好評でした。宇宙の知識がきっと広がったことでしょう。

 

 

 

 

 

=漁港見学=
早起きをして漁港に行きました。「どんな魚があがっているかな・・・」と興味津々でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

=朝食タイム=
漁港見学・朝の体操をした後はおなかもペコペコ!パンにジャムを乗せ、フルーツヨーグルトと一緒に頂きました。あっという間に食べ終わった子どもたちです。

七夕集会🎋 【四季の森】

7月7日(火)に七夕の集いを行いました。最初に七夕の手遊びをしたり、歌を歌ったりしました。園長先生の手品は子どもたちの興味を引き、「なんで~」「どうなってるの~?」「もう一回!」と子どもたちは「不思議」と「驚き」の表情でした。次に絵本やペープサート七夕のお話を聞いたり、夜空のたくさんの星をスクリーンで見たりしました。流れ星に歓声も上がり楽しんでくれたようです。この日のランチは七夕そうめんでした。
みんなの願いごとが叶いますように・・・☆彡

 

かぜ組保育参加 【四季の森】

7月10日(金)に、かぜ組(4・5歳異年齢)の保育参加を開催しました。おうちの方の前で、ドキドキ!ワクワク!カッコいいところを見せようと張り切っていた子どもたちです。トレース台で写し絵をして塗り絵をしたり、レゴブロックを使って、自分で考えた作品を見せたり、おままごとコーナーで、お店屋さんとお客さんになって遊んだりとたくさんの色んな姿を見てもらうことができました。

そらぐみ保育参加【四季の森】

6月23日(火)にそらぐみ(4・5歳異年齢)の保育参加を開催しました。子どもたちや保護者の方の素敵な笑顔で和やかな雰囲気の中、開催することができました。サークル活動では元気よくお歌を歌ったり、紙芝居を見て過ごしました。コーナー遊びでは、オシャレコーナー・ままごとコーナー・ブロックコーナー・トレース台コーナー、プレイルームではセンサリートイの制作活動を行いました。自分でコーナーを選択する様子やお友だちとの関わりも観て頂けたのではないかと思います。

 

味噌づくりに挑戦!【四季の森】

6月22日(月)にきりんぐみさんが味噌づくりに挑戦しました。白みそと赤みその味比べをしたり、栄養士の先生の説明をしっかり聞いたりできました。大豆の潰れていく何ともいえない感触に気分が上がり、楽しんでいた子どもたちでした。潰した大豆に麹と塩を混ぜ、まん丸お団子にしました。お団子にしたものを容器に詰め、しばらくの間暗いお部屋でお休みさせます。寒くなったら美味しいお味噌汁にして食べるのが楽しみですね!

梅干しづくり~シソ漬け~【四季の森】

5月末に漬けた梅干しの梅酢と赤シソを使って、赤い梅干しにする工程に入りました。
①すり鉢でシソを塩でもみ、灰汁(あく)を出し捨てる。
②灰汁を出したシソに梅酢でもう一度もむと赤紫のきれいな色が出てきます。

赤くなった手を洗う前に、手についたシソの汁の匂いを嗅いだり、汁をペロッと舐めてニンマリ素材の味を楽しんでいました。

雨の日のお散歩☔【四季の森】

雨の日の園庭は子どもたちの元気な声が響かず、なんだか寂しそうな様子です。そら組・かぜ組さんはレインコートを着て、数名ずつ雨の日のお散歩を楽しんでいました。雨の日の『わくわくの森』はちょっと滑りやすくなっていますが、子どもたちは自然の中でどう過ごせばよいのかを遊びや経験を通して学んでいくのだな思います。雨の日の様子も見守っていきたいと思います。

ジャガイモ掘ったよ【四季の森】

菜園にできたジャガイモをきりん組さんが収穫してくれました。掘ったジャガイモを水で洗うと、土で真っ黒だったジャガイモが真っ白に変身しました。ジャガイモを、ランチ室で茹でてもらい、おやつに頂きました。採れたての新鮮なジャガイモは皮も軟らかく、マヨネーズや塩を少しつけて食べました。とても美味しく「おかわりある?」と、あっという間に無くなってしまいました。りす組さんやうさぎ組さんもパクパク食べていました。
少し緑色で硬くなったジャガイモは、ピーマンやニンジンなどと一緒に野菜スタンプにして、素敵な作品ができました。食育の大切さをつくづく感じているところです。

梅干しづくり【四季の森】

本園のわくわくの森に梅の木があります。今年は例年より梅の実りが少なかったようですが、梅干しにしようと、年長児さんが梅の実拾いを手伝ってくれました。先ずは梅の実をきれいに洗ってヘタを取りました。その後、ペーパーでしっかり水分を取り、瓶にいれました。塩を一つまみずつ入れて完成です。これから赤シソができるまで、梅酢ができる様子を観察していきます。

ルールを守って安全に!【四季の森】

5月21日(木)に交通安全協会の指導員の方をお招きして、交通ルールを教わりました。最初に、「紙皿絵本」がありました。紙皿で作った仕掛け絵本に興味津々で、色当てクイズにも積極的に手を挙げて発表していた子どもたちです。また、交通ルールを題材とした人形劇では、小さいお友だちも一点集中で見入っていました。
①信号を守ります。
②道路では遊びません。
③飛び出しはしません。
指導員の皆さんと、3つのお約束をしました。