祖父母参観 【四季の森】

 9月13日(金)に祖父母参観を開催いたしました。子どもの気持ちに寄り添ってくれるおじいちゃん、おばあちゃんとふれ合い、安心感の中で甘える子どもたちの姿は、とても微笑ましかったです。祖父母の方の世代の知恵や優しさに触れることは、子どもたちが成長していくうえで大切な経験だと思います。
 今回は朝のお集まり(サークルタイム)やふれ合い遊びを行い、一緒にランチを食べました。ソーメンやおにぎりの他、お漬け物も提供しました。あらゆる食材や食品を知ることは大事なことだと思います。世代間の食の交流にもなりますね。


楽しかった!夏遊び 【四季の森】

8月29日(木)に今夏のプール閉じをしました。これまで夏の遊びを展開してきましたが、その遊びに加えてかき氷やゼリー流しを行いました。最初にドライアイスを使って、音を聞いたり煙を見たりしました。洗剤を混ぜると泡がもくもく出てきたり、洗剤の膜を作ると煙がダンスをしているように動き出し、その不思議な現象に目を丸くして見入っていました。
 ボディーペインティングでは、赤・青・黄色の絵の具を体や顔、手足に塗りその感触を楽しみました。時々、鏡を見ては変化していく自分の顔やお友だちの顔を見て笑いに包まれていました。
 色水遊びやシャボン玉、プール遊びを存分にし、かき氷とゼリー流しを楽しみました。「今日は、最高の日だった~」と子どもたちが話している姿に満足な遊びが繰り広げられたのだと嬉しく思いました。

ウキウキ☆ワクワク☆夕涼み会 【四季の森】

 8月31日(土)に夕涼み会を開催しました。そうめん流し・かき氷を中心に、くじ引き(お面)・駄菓子・光るヨーヨー・バルーンアート・ソフトクリームと楽しい出店がたくさんありました。
 オープニングを飾ってくれた年長児さん。迫力ある太鼓の演奏で華やかな開会となりました。かき氷を美味しそうに食べる姿やお面を嬉しそうに見せてくれる姿など、目をキラキラさせている子どもたちの姿を見ると、こちらまで楽しい気持ちにさせていただきました。素敵な夏の思い出となり心に残ってくれると嬉しいです。

昔遊び体験 【四季の森】

 8月9日(金)と16(金)の2日間、講師の方をお招きして、年長児さんを対象に「ひむかカルタ」と「けん玉教室」を開催しました。ひむかカルタは、宮崎県の名所・歴史・偉人・産業・文化・伝承を綴ったカルタです。遊びながら郷土に関する知識を文言として込めることで、遊びを通じて語彙を増やし、ふるさとへの愛着心を育てるという特徴があります。
 カルタ取りでは、読み手の声に耳を澄ませ、絵札を真剣に見つめていました。札を取った子どもたちは、笑顔で先生に見せていました。
 その後、けん玉にも挑戦しました。担任の先生もなかなかの腕前で、子どもたちもお手本にしていました。

まるいもの、なぁ~んだ? 【四季の森】

 8月6日に、丸い物体を2個いただきました。朝、玄関に「この丸い物はなんでしょう?」と貼り紙をして置いていました。登園してくる子どもたちは、目をまん丸くして、「さて?なんだろう?」と今まで見た物の記憶を辿っているようでした。丸い物の風貌からすると、きっと「カボチャだ」と②のカボチャと答えた子どもや保護者の方が多かったです。③の恐竜の卵と答えた子どもや「恐竜の卵かもね?」と何とも夢のある答えをしてくださった保護者さまもいらっしゃいました。
 答えは『すいか』 みんなでおやつの時間にいただきました。味覚は勿論のこと、触覚、嗅覚、視覚、聴覚の五感をフルに刺激されたクイズができました。

くすの木祭り、大成功!【四季の森】

8月3日(土)に年長児さんが、東郷小学校で開催された「くすの木祭り」で太鼓&フォレストドラムの演奏と園歌の合唱を披露しました。初めての大舞台でしたが、堂々とした姿を見せてくれました。子どもたちの晴れ舞台が最高のステージとなりました。

人権教室 【四季の森】

7月29日(月)に5歳児さんが人権教室に参加しました。「仲間外れにすることはいけないこと」という主旨のDVDや紙芝居を観ました。どちらも子どもたちに分かりやすい内容で静かに見入っていました。また、クイズでは、面白い進行に笑いもあり反応のよい子どもたちだなあと感じたところです。人権キャラクターソング♪世界をしあわせに♪を歌ったり、人権キャラクター”あゆみちゃん”と触れ合ったりしました。
*友だちと仲良く遊ぼう *友だちと元気に遊ぼう *友だちに優しくしよう
3つのお約束をしました。今後に繋がるとてもよい機会となりました。

お泊まり、できたよ! 【四季の森】

7月26日(金)の夕方から年長児さんがずっと楽しみにしていたお泊まり会がありました。夕食タイムでは子どもたち人気NO.1のカレーライスを食べました。楽しいおしゃべりと共に食欲も増し、おかわりをする子どもたちが多く、笑顔に包まれた夕食となりました。夜は手作りランタンを持ってお散歩へ行ったり、色鮮やかな花火やプラネタリウムを楽しみました。朝は園庭で採れたブルーベリーを使ったジャムをパンに塗って食べたり、手作りのフルーツヨーグルトをたくさんおかわりしました。お泊まり会の最後は宝探し!忍者からの挑戦状にグループごとに協力して宝の場所を探し当てました。
この一晩は長くもあり、短くもあり、感じ方はそれぞれだったと思います。お友だちと楽しく過ごした日の思い出は、子どもたちの心に深く刻み込まれたことでしょう。


にじ色の海での交流会 【四季の森】

年長児さんが南郷町にある姉妹園のにじ色の海こども園に出かけました。園バスの中は、子どもたちの会話でとても賑やかでした。交流会では、にじ色の海こども園の4・5歳児さんと一緒に「パプリカ♪」を踊りました。
タッチプールやマーメイド水族館では、海の生き物に触れたり、名前の分からない魚やイソギンチャクを持参した図鑑で調べたりする光景が見られました。プール遊びでは、ビート板が大人気でプカプカ浮き気持ち良さそうでした。にじ色のお友だちがターザンロープで遊ぶ姿や完成度の高いラキュー作品に良い刺激を受けたようです。お別れの会では、四季の森の子どもたちの「手作りランタン」をプレゼントし、とても喜ばれていました。帰る間際には再会を楽しみに、お友だちと握手をしてさよならをしました。

かぜぐみ保育参加【四季の森】

7月12日(金)に4・5歳児異年齢クラスのかぜ組の保育参加がありました。朝のサークルタイムでは、お歌を歌ったり絵本を見たりしました。親子で「ペットボトルロケット」を製作し、一緒に飛ばして遊んでいただきました。何度か挑戦するうちにコツを掴み、高く飛ばせていました。
講演会では、「映像メディアとの上手な付き合い方」について研修しました。「ゲームやテレビ・DVDなどの時間を考え直したい」「家庭でのルールを再確認したい」との感想が聞かれました。また、珈琲やお菓子を召し上がっていただき、和やかな雰囲気の中、懇談会を行いました。ビュッフェランチの様子もご覧いただきました。