★ラストクッキング★ 【四季の森】


年長児さんが最後のクッキング『アイシングクッキー』作りをしました。『アイシング』とは、焼き菓子を覆う甘いクリーム状のペーストのことです。まずは小麦粉の入った袋にバターを入れ、粉っぽさがなくなるまで揉んで固めました。平らに伸ばし型抜きをしてオーブンで焼きました。焼きあがったクッキーにピンクや黄色のアイシングで、ハート型や星形にデコレーションしたらキュートなクッキーができあがりました。
1年を通して行ってきたクッキング活動ですが、五感を使った料理体験を通して、食と命の関わりを実感したりすることができたのではないかと思います。

ひな祭り集会 【四季の森】


3月3日(火)に「ひな祭り集会」を行いました。ホールは子どもたちが手作りした雛人形が飾られ、華やかな雰囲気に包まれました。集会では、ひな祭りについてお話を聞いたり、クイズに答えたりしてひな祭りについて学びました。また、子どもたちが楽しみにしていた園長先生による手品は、ペットボトルに入った水を振ると「白酒」のように白くなるというものでした。不思議な現象に驚きと面白さを感じ探求心をくすぐられているようでした。

たこ焼きづくり♪ 【四季の森】


2月19日(水)に年長児さんがクッキングを行いました。今回は、子どもたちの大好きな「たこ焼き」に挑戦しました。自分たちで生地を流し入れた後に、キャベツやタコなどを入れました。1番楽しかったのは、やはり竹串でクルリと回すところだったようです。はじめは難しかったですが、要領をつかむと綺麗なまん丸たこ焼きが出来上がりました。熱々、フワフワのたこ焼きは、格別な美味しさでした。

お別れ遠足 【四季の森】


2月21日(金)にお別れ遠足がありました。年長児さんは、JRの列車で宮崎科学技術館に行きました。初めて列車に乗車した子どもたちもいたようです。のどかに走る列車の中では、キラキラ輝く海を見たり、会話が弾んだりしました。子どもたちは科学や宇宙に関する、貴重な体験にワクワクが止まらないようでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年中児さん、年少児さんのお友だちは、わんぱく広場へ徒歩で行きました。しっぽ取りゲームをしたり、遊具ではしゃぎながら遊んだりする姿が見られました。自分で買ったおやつをとても楽しみにしているお友だちが多かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3歳未満児さんのお友だちは、乙東公民館にお散歩に行きました。ボール遊びで駆け回り、先生方も必死で走り回って汗だくになっていました。

卒園記念品~七宝焼き~ 【四季の森】


年長児さんが卒園記念品として七宝焼きに挑戦しました。七宝とは本来は仏典用語で7種の宝石を言います。(金・銀・瑠璃・シャコ貝・瑪瑙・琥珀・真珠)これらの美しさが転じて七宝のように美しい焼き物の技法を指すようになりました。七宝焼きは、銅板にうわ薬(色ガラスの粉末)を盛って800度の電気炉で1分焼成したものです。真っ赤に焼けた作品は、炎ならではの醍醐味です。それぞれ独創的な素敵な作品に仕上がっています。こども園で製作した良い記念となりそうです。

カープ街⚾ 油津! 【四季の森】


2月10日(月)に年長児さんが、天福球場やカープ油津駅、油津銀天街に出掛けました。カープ一本道を通ったり、キャンプ記念碑を見たりと、広島東洋カープのゆかりの地を歩きました。野球の魅力や楽しさが伝わり将来プロ野球選手を目指してくれるといいなという目的も勿論ありますが、地元のことを知る事、地域社会との関わりを持つ事で様々な文化や伝統の豊かさに気づいていけることを願っています。

ダンボールで遊ぼう! 【四季の森】


園庭にたくさんのダンボール箱を置いておきました。それを見つけた子どもたちは、頭にかぶってみたり、中に入ったりしていました。そこにガムテープやマジックを出すと、ダンボールを繋げて次第にお家の形ができました。その後テレビができたり、玄関ができたりとお家にあるものをイメージして皆で遊びを展開し、共同作業を楽しんでいました。ダンボール遊びを通して図形の組み合わせといった構成感覚や広さ、狭さ、高さ、低さ、明るさ、暗さといった空間感覚を培うことができたことでしょう。何より子どもたちや先生たちがランチの時間を忘れるくらいに、楽しい遊びが繰り広げられたことは、何より嬉しいことでした。

鬼はそと~福はうち~ 【四季の森】


2月3日(月)に節分豆まき集会を開催しました。「鬼は外!」「福は内!」と元気な活気ある声で待ち構えていた子どもたちですが、赤鬼・青鬼の姿を発見すると、一斉に園庭の隅っこや先生たちの後ろに隠れていました。そんな中、豆に見立てた新聞紙ボールを、「鬼は外!」と勇敢に投げるお友だちもいました。涙もポロリとこぼれてしまったけど、子どもたちの中にいる悪い鬼もすっかり退治できました。最後は抱っこしてもらったり、握手してもらったりして仲良くなり、穏やかな雰囲気に包まれました。これから子どもたちにたくさんの「福」が訪れますように。

クイズで覚える交通ルール 【四季の森】


1月30日(木)に3名の交通指導員をお招きして交通ルールを教わりました。紙芝居やDVDのお話を通して、「飛び出しをしたり、信号を見なかったり」と事故の原因について知ることができました。クイズ形式になっている為、深い学びとなったようです。交通ルールを身に付ける為には、実際に道路で横断歩道を渡ったり、信号の仕組みを知ったりすることが大切です。これからもお散歩を通して、交通ルールを知らせていきたいと思います。

横浜FC日南歓迎セレモニー 【四季の森】


1月28日(火)にJリーグ横浜FCチームが日南の総合運動公園でキャンプに入りました。歓迎セレモニーを盛り上げようと年長児さんが参加しました。応援歌を歌ったり、”優勝目指してがんばって”とプラカードを掲げたりしてエールを送りました。2名の園児が代表で花束を贈呈してくれました。花束を受け取られた三浦知良選手は「ありがとう」と頭を撫でてくださったり、写真を撮ってくださったりと紳士的な対応でした。他にも中村俊輔選手、松井大輔選手と世界で活躍された選手が参加されていました。